新型コロナウイルスによる外出規制でウォーターサーバーが人気

新型コロナウイルスが猛威を振るっていますね。Googleトレンドで今年3月の検索動向を調べてみると「ウォーターサーバー」は例年になくアップトレンドでした。

新型コロナウイルスの影響で外出を控える方が増えた!?という事が原因でしょうね。
水は飲まないわけにはいきませんので、ペットボトルのお水などを買いに行かないといけなくなり、そこでコロナに感染したとかとなってしまえば最悪ですからね。
志村けんさんの命をあっという間に奪ってしまったコロナウイルスにはなるべくかからないように気を付けなければいけません。
なので、お水もお店に買いに行くのではなくウォーターサーバーを利用したほうが良いでしょう。ウォーターサーバーを利用すればお水は宅配で持ってきてくれるので、いろんな人と触れ合う危険がありません。
配達員の方がコロナウイルスにかかっている可能性も0ではありませんが、そうそう可能性は低いと言えるでしょう。

ウォーターサーバーはクリクラが人気ですが、2020年1月より取扱いを開始した、業界最スリム!新型サーバー「クリクラFit」が好評です。
再加熱機能付きの新サーバーとなっていて、最短約30秒!で90度のお湯に温められるので、インスタント食品やフリーズドライ食品の調理など、熱いお湯が欲しいとき、忙しい朝の調理に大変便利です。

クリクラも人気ではありますがプレミアムウォーターやアクアクララもかなり人気のウォーターサーバーとなっています。
ウォーターサーバーを検討している方はこちらのサイトを参考にしてみるといいですよ。→ウォーターサーバー

引越しの際に冷蔵庫・洗濯機はレンタルすることにした

先日家庭の事情で引越しする事位なりました。
引越しで以前使っていた冷蔵庫と洗濯機をどうするか?という事になったのですが、結構古くなってきていたので持っていく引越し代の方が高くなったら嫌なので、この際ある程度売ってしまいました。二束三文のお金にしかならなかったですけどね。
で、3人家族なので単身者のような冷蔵庫と洗濯機という訳にはいかず、この冷蔵庫と洗濯機を新しいそれなりの大きさのものに買う事にしました。
でも、奥さんがいろいろ調べた結果、家電も買うよりもレンタルしたほうが良いんじゃない?ってことになったのです。
冷蔵庫や洗濯機がレンタルできるの?って思ったのですが、こちらのホームページに家電レンタルのことについて詳しく書かれていました。→家電レンタル
こちらのサイトでおすすめという事で紹介されている「かして!どっとこむ」を見てみると本当にたくさんの家電がレンタルできるという事が分かりました。いろんな種類がありますし、新品の冷蔵庫と洗濯機をレンタルすることが出来るのには驚きましたね。
色々考えては見のですが、結局冷蔵庫と洗濯機はレンタルすることで家族一致しました。
ちょっと家族でこれからしっかり使っていくものなので、新品のレンタルにしました。それでも購入するよりかは安いですね。
子供が独立して家から巣立っていけば、夫婦二人ならばそんなに大きな冷蔵庫と洗濯機は必要ないので、一回り小さな冷蔵庫と洗濯機をレンタルしなおそうかなとかって思っています。
その生活スタイルに合わせた家電をレンタルできるというのは、買うというのとは違った大きなメリットになりますね。
これからはなんでもそうなってくるかもしれません。買うよりも借りるという時代に!

ゲームまにあ

最近「アイギス」ってゆうゲームにはまってます(*’▽’)なんというか・・・日常生活っていろんな嫌なことがあるじゃないですか。ゲームしてるとそれを忘れられるんですよね!

アイギスってなんなのか調べてみました

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アイギスとは、ギリシア神話において主神ゼウスが娘の女神アテナに与えた防具である。ありとあらゆる邪悪・災厄を払う魔除けの能力を持つ防具とされている。鍛冶神ヘーパイストスによって作られたとされ、形状は楯であるとも、肩当てまたは胸当てのようなものであるとも言われている。

ギリシア神話においては、アイギスがアテナに与えられた後、英雄ペルセウスが、目を合わせた者を石化させてしまう魔物メドゥーサを討伐し、その首を持ち帰ってアテナに捧ると、アテナはその首をアイギスにはめ込んだと伝えられている。メドゥーサの持つ、目を見た相手を石化させてしまう能力は首を斬り落とされた後も残り続けており、ペルセウスはメドゥーサの首を持ち帰る際、いくつかの局面(巨神アトラスに会った時、ケフェウス王の娘アンドロメダを救出する為に怪物を倒す時、アンドロメダとの結婚の祝宴中に乱闘が発生した時等、ただしこれらについては諸説ある)においてメドゥーサの首を使って相手を石化させている。アテナはその首をアイギスに取り付ける事で、アイギスをより優れた防具にしたという。

なお、ペルセウスがメドゥーサを討伐する際、彼がメドゥーサの姿を見て石化するのを防ぐ為、アテナはペルセウスに、青銅鏡の様に輝く楯を貸した。ペルセウスは眠っているメドゥーサに忍び寄る時、楯を利用してメドゥーサの姿を直接見る事なく近づいた為、石化する事なく首をはねる事に成功した(近づく時の方法は、楯を通してメドゥーサを見ながらだとも、楯の表面に映るメドゥーサを見ながらだとも、それ以外の方法だったとも言われる)。この時に使われる楯がアイギスだと言われる。ただし、形状については上記の様に、肩当てまたは胸当てとして伝えるものもある。

・・・なんか聖なるものって感じですね!(笑)